ご挨拶

社会福祉法人沖縄松楓会は、昭和60年特別養護老人ホームの設置、昭和63年短期入所事業開始、平成3年デイサービスセンター開所、平成4年在宅介護支援センター開所、平成11年ホームヘルプセンター開所、平成12年介護保険事業指定、平成15年支援費事業指定を受ける等、一途に老人福祉事業を中心に全力を傾注しながら地域における高齢者福祉の一端を担ってまいりました。

  また、平成23年には少子高齢化社会の到来に鑑み高齢者のみならず「保育」を担う必要性が益々高まる中、これまで培ってきた経験を活かし、新たに「高齢者」と「子ども」という異世代交流の促進につなげ特色を図ることにより、お互いに相乗効果が発揮できる場として児童福祉施設(認可保育園)を開園いたしております。

  このように当法人は地域に根ざした社会福祉事業の充実に努めるとともに、誠心誠意その役割を担い、併せて地域の信頼に応え得る良好な施設経営を目指してまいります。

  これからも、より専門性の高い福祉サービスを提供することで地域の皆様に愛され、親しまれ、安心して任させていただける施設として、当法人に与えられた使命を果たすべく役職員一丸となって努力してまいります。

  今後とも皆様方の変わらぬご厚情と、ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

 

社会福祉法人 沖縄松楓会

理事長 渡久山 覚